1.​強く、美しい日本を取り戻す。

 敗戦後、捏造だらけの“自虐史観”植え付けにより弱体化が加速化する現代の日本。戦前、世界にとって日本人ほど優秀な民族は脅威でしかなく、どうにか日本を弱体化させるためのワーギルトインフォメーションプログラム(War Guilt Information Program)再教育計画が、GHQにより戦後推し進められました。GHQの占領下で7千数百種類もの日本の本が焼却されました。戦前の日本は欧米諸国に劣らない民主主義国家でしたがその歴史は抹消され、私たちが学校で教わった歴史は大きく改ざんされてしまっています。

 日本国憲法を初めとした戦後レジーム(戦争勝利国側から日本に一方的に押し付けられた価値観、システム、国家体制)から脱却し、日本が真の独立国となるためには、改めて日本人によるレジームを構築する必要があります。

 諸外国の工作員およびその影響下にある活動家よる反日活動。メディアによる反日プロパガンダ。反日教育によって歪んでいく教育現場。誤った情報にさらされ、洗脳されていく日本国民に歯止めをかけなければいけません。

本来のあるべき正しい歴史観を追求し、波及していくことが、国家の名誉を守ることになり、今を生きる日本人と次世代への責任を果たすことになると信じて取り組んで参ります。

 

​2.日本の危機に立ち向かい、警鐘を鳴らす。

 日本に迫りくる多くの危機に​ついて常に言及し、取り組みます。

・サイバー攻撃

・移民問題・外国人投票権

・夫婦別姓・同性婚 

・皇位継承問題 ・日本の技術流出 

・太陽光パネル乱立の危険性

・拉致問題 ・領土問題

・ウイグル,モンゴル,チベット問題       Etc…

 

数々の危機の裏側にある諸外国の工作、メディアによる操作・洗脳・デマ、戦後教育等に屈さず真実の情報を発信し、日本国民を守るため取り組みます。